MENU

前述したとおり、まさか私が会社社長の愛人になるとは思いもしませんでした。今までは幸せとは縁遠い暮らしをしてきましたし、何よりも53歳という年齢ですから、離婚後は男性と関係を持つという事なんて一切ないと思っていました。もちろん暮らし向きは良くなかったので「生活を支えてくれる男性はいないだろうか、私を幸せにしてくれる男性と巡り合えないだろうか」と心のどこかでは願っていたのも事実です。しかしそれはあくまでも願望に過ぎず、現実になるとは考えもしませんでした。

 

そんな私が会社社長と愛人契約を交わすことが出来たのは、とある女性のお陰だと言っても過言ではありません。私は数年前からとあるSNSを利用しているのですが、そこで高島さんという51歳の女性と仲良くなりました。お互いに会ったこともないのですが、偶然にも私と高島さんは同じような境遇の持ち主で、私が離婚を決意したときも色々と相談に乗ってくれました。それ以来とても仲良くさせて頂いているのですが、ある時生活が苦しい事を打ち明けると、驚くことに高島さんから「愛人になってみたら?」という話を持ち掛けられました。何度も言うように私は自分が愛人になるなんて思ってもいませんでしたので最初はとても困惑しました。しかし高島さんの話を聞くうちに「もしかしたら私でも愛人になれるかもしれない、裕福な生活を送れるかもしれない」と思うようになり、高島さんから色々とアドバイスを貰いながらパパ募集をはじめることにしたわけです。もしもあの時高島さんの勧めがなかったら、今でも私は貧困から抜け出せず苦しい生活を送っていたことでしょう。

 

いずれにしてもパパと愛人契約を交わせたことを今ではとても幸せに思います。世の中には以前の私と同様に愛人というものに対して悪いイメージを抱いている人も多い事でしょう。しかし貧困から脱出するためには、生活を一変させるためには、良い手段のひとつだと思います。

 

お金持ちパパを射止めるなら迷わずこのサイト
愛人募集サイトBEST5
有名サイト女性は完全無料男性だけ有料